眼精疲労、ブルーベリー二箱、安直な労りを

 

 

ブギスにあるフルーツ屋さんのようなお店が近所にあると知ったのは3週間前。新鮮なもやしも量り売り、ぷりっとした根が甘そうなのがわかる西洋ネギ(長ネギの代用になるか検索するのを3週間忘れたままでいる)、でも林檎はワックスでぴかぴか、そこはご愛嬌。

 

 

そこで南瓜を買いました。おそらくこちらの大陸の方ではレギュラーな大きな南瓜の8分の1個を。ポタージュスープが飲みたいと思ったのです。おしゃれな流動食。そう、少し胃腸が疲れています。というより、集中すると飲み食いを忘れるに加えて咀嚼を怠る人なので、ポタージュスープはよく作ってきました。

 

 

細かく歪なサイコロのように切った南瓜に、皮のめくりやすい新鮮な玉ねぎ。バターでは炒めませんでした、だって、胃腸に優しいがテーマだから。水から煮ても、コンソメのキューブがどうにかしてくれます。

 

 

家にはミキサーはないし、バミックスは100ユーロ前後でした。悩みます、この先きのこのポタージュや、ブロッコリーやカリフラワー、キャベツなどの手強い繊維質のポタージュを作る機会はどんどんあると思うし、やっぱり買ってきた方がいいかもしれません。

 

 

でも、今日はないので、しなやかな、でも強度のあるフライ返しをお鍋の底に押しつけて、南瓜と玉ねぎをマッシュしました。ちょっと、ストレス解消になりましたので、それまで刺繍でどうしても好きになれない苦手な技法で、💢となっていた気持ちも、いくらか晴れたような気がします。

 

 

題名にあるブルーベリーは、今日の夕飯(バゲットとポタージュスープ)の後に食べます。ブルーベリーって別にさしておいしくないし、ジャムもなんだかこんなものだなと思う感じなのに、ブルーベリー風味のお菓子はとてもブルーベリーの味がするなあと感じる謎の法則、ありますよね。話が脱線しがち、なんというかここまでブルーベリーを悪く言っておいてあれですが、頼むから目に良い効果を発揮しますように。

 

 

明日頑張れば、木曜日はお休み。というのを23回は思ったでしょうか、そんな感じで今日を終えて明日ものらりくらりやっていきます。ちゃお